EVENTS

Blooming of The Datatrading 4th
データ流通への参入障壁を下げる『サービス』のカタチを考えるWS

 

データ流通前夜ともいえる今、「データ取引市場」を事業ドメインとしているエブリセンスでは、データ流通ワークショップ「Blooming of The Datatrading」を定期開催しています。

昨年12月に実施したワークショップ第1回目は「データ前処理」をテーマに、データ保有者、データ利用者のデータ流通への参入障壁を下げ、参入者がベネフィットを享受できる技術・サービス提供のカタチ、すなわち「データ取引市場への参加者が便益を得るために必要とされる合理的な機能・仕組み」をざっくばらんにディスカッションすることを目的に実施しました。

 

実施後のアンケートでは、ご参加者様より「同じテーマで議論を深掘りしていきたい」「出したアウトプットのブラッシュアップをしていきたい」などご高評の声をいただきましたので、この度、前回テーマを改題して、『データ流通への参入障壁を下げるために求められるサービスのカタチ』を考えるワークショップを開催します。「データを利活用する社会の仕組み=データ流通」に、企業や個人が安心・安全に参加するためにはどういうサービスが求められるのかをディスカッションします。
初めてのご参加も大歓迎ですので、ご参加お待ちしております!
*第1回(テーマ:データ前処理)の開催内容はこちら

 

開催概要

日時:2019年4月18日(木) 14時00分〜17時00分(受付開始:13時30分)終了しました!

場所:Landwork青山ビル9Fセミナールーム Access

 

■ワークショップの流れ

 

 

ご入力いただいた個人情報は、エブリセンスが企画するイベントおよびワークショップに関連するご案内を行うことを目的に、その範囲内に限定して利用させていただきます。当社の個人情報保護方針はこちらをご覧ください。