EVENTS

Blooming of The Datatrading 2nd

エブリセンスでは、データ流通市場の活性化を促す取り組みとして、データの取り引きに関わるテーマを設け定期的にイベント開催を行っております。第2回は「データ前処理」をテーマにアイデアソンを行います。

マインドとしては「データ流通の民主化」をサブテーマに設け、行政と民間が協調しながら制度設計や標準化の動きが進んでいる中で、民間自らが主体的にデータ流通をブレイクスルーさせるイメージを持って、アイデアソンにご参加いただけると幸いです。

 
 

開催概要

日時:2018年12月19日(水)

場所:日本青年館ホテル カンファレンスルーム Access

 

午前の部 10時00分〜12時00分(受付開始9時30分〜)
データ取引市場EverySense Touch&Try
エブリセンスのデータ取引市場の仕組みについてご説明し、ご自身で操作していただきます。これまでエブリセンスのハンズオンイベントに参加したことのない方、まだアカウントをお持ちでない方、アイデアソンの前にデータ取引市場について予習をしたい方、ぜひ午前の部からご参加ください。

 

午後の部 13時30分〜18時00分(受付開始13時00分〜)
-13時30分〜14時00分 キーノート
・日経新聞 特集記事「データの世紀」ご担当記者 植松正史様
-14時00分〜14時30分 データ取引市場ピッチ(各社10分程度)
・データ取引市場が目指す未来/エブリセンスジャパン(株)
・データ流通参入のサポート技術/インフォコム(株)、NECソリューションイノベータ(株)
・データ提供者が抱えている課題・懸念/RE-Standard(株)
-15時00分〜18時00分 アイデアソン テーマ「データ前処理」
データ保有者、データ利用者のデータ流通への参入障壁を下げ、参入者がベネフィットを享受できる技術・サービス提供のカタチ、データ取引市場を中心とした合理的な機能・仕組みをざっくばらんに協議します。 
 ファシリテータ/東京大学大学院 助教 早矢仕晃章氏(工学系研究科 システム創成学専攻)
 アドバイザ/一般社団法人データ流通推進協議会 理事 杉山恒司氏
       株式会社レピダム 代表取締役 菅野哲氏

 
 

定 員:50名
参加費:無料
申込締切:2018年12月17日(月)17:00

備考1)午前の部Touch&Tryへご参加される方は、ネットワークにつながるPCをご持参ください。
備考2)午前・午後、どちらかのみのご参加も歓迎です。

 
 

*講演タイトル、講演内容は都合により変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

 


 

参加申込みフォーム

お名前 (必須)

企業・団体名 (必須)

所属・部署名

メールアドレス (必須)

参加プログラム (必須)

 

*当社は、個人情報の保護を重要な事項と認識し、関係各法令を遵守し、当社の定める個人情報保護方針に則り、個人情報の適切な取扱いと安全な管理に努めます。

 

[お問い合わせ] エブリセンス事務局までご連絡ください。 E-mail: info@every-sense.com