ニュース・トピックス

EverySenseとは?

EverySenseは世界初のIoTデータ流通プラットフォームです。
あらゆるデバイスからつながる相互接続性を備え、データを求める企業・団体とデータを提供できる人・モノをマッチングし、データ売買を仲介するサービスです。

  • データ収集者
    お求めのデータ種類を条件付きでリクエストするだけで、IoTデバイスが持つセンサーデータなどを即時的かつ安全に収集することができます。
  • データ提供者
    IoTデバイスが取得したセンサーデータや日々の生活で生成される行動データなどを、求める企業・研究団体などに提供することで、あらゆるデータを財に変えることができます。
  • IoTデバイスベンダー
    IoTプラットフォーマー etc
    EverySenseはSDKを公開しており、既存のIoTデバイスや新規開発デバイスを製品機能に影響を与えることなく、「IoTデータ流通マーケット」に対応させることができます。
詳しく見る

IoTデータ流通マーケットプレイスとは?

EverySenseは、IoTが広く社会生活を豊かにし、
新しい経済、産業、サービスを創出するために
IoTが持つ情報を流通・売買をする市場(マーケット)が社会基盤となることを目指します。

EverySenseが実現する真の“The Internet of Things”

詳しく見る

EverySenseのサービス