NEWS&TOPICSニュース・トピックス
2020.01.29 support

IoTデータ流通プラットフォーム「EverySense」の公開範囲変更について

エブリセンスでは、IoTデータ流通プラットフォーム「EverySense」について、これまでどなたでも自由にご利用いただけるようになっていましたが、企業様のより具体的な要望に対応できるようにするため2月末で一般公開を停止させていただきます。

 

つきましてはご自身の「EverySense」のアカウントに関して、3月1日以降「EverySense」にログインできなくなり、「EveryPost」「EveryStamp」に対してオーダーが来ることはなくなりますので、
エブリセンスポイントをお持ちの方は、ポイント交換期限の2月末までに交換いただきますようお願いいたします。ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

 

EverySense ログインページはこちら。

 

今後IoTデータ流通プラットフォーム「EverySense」は、企業様のプロジェクト単位でのご利用いただけるようにいたします。
本プラットフォームはあらゆるデバイスの相互接続性を備えた上で、データ提供者とデータ利用者をマッチングでき、これまでもスマホを介した人流データの収集や車種によらない自動車導線データの収集などでの利用実績があります。
IoTデータの利活用をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

 

<本件に関するお問い合わせ>
info@every-sense.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧へ